コンタクトを選ぶ前に

※比較やコメントはあくまで個人的な感想です。全ての方が感じるものではありません。※
※購入前に必ず各サイトをよく読まれた上、ご迷惑をお掛けしないようお願いします※
※また、私は専門家ではありません。間違い等あればぜひご指導下さい※
カラコンはアクセサリーではありません。
※コンタクトは医療用具です。必ず、眼科での処方の元使用します。
※また、使い方の間違いや、手入れの手抜きは、大変危険です。きちんと各お店の注意事項を読まれた上、自己責任で購入して下さい。
※近頃、一部の悪質なネット販売店では、カラコンは医療用具ではなく、サングラスと同じなどとの触れ込みで、気軽に試すよう促していますが、度が入っていないだけで同じ事です。(度が入ってないものは物の分類として医療用具に入らず雑貨扱いとなるためこのようなことを書いているようです)度が入っていなくてもBCはあるわけですし、人によっては重篤な自体を招く事になりません。きちんと警告のあるお店ほど、信頼できると考えて良いでしょう。
⇒国民生活センター
おしゃれ用カラーコンタクトレンズの安全性
…視力矯正無しで雑貨扱いされているファッションコンタクトの危険性、業界への指針。
⇒時事通信
8/22 カラーコンタクト、「医療機器」に=健康被害受け販売規制へ
7/11 カラコンの販売規制へ=目の被害続出、省令改正−厚労省
7/10 被害原因、半数は誤使用=不良品2割−カラーコンタクト
⇒Yahoo!ニュース
9/16 <コンタクト>不適切使用で毎年150万人に障害
…コンタクトを使っている人の10人に1人の割合。そのほとんどが、ディスポーザブルコンタクト(使い捨て)の期限切れの使用が原因だそう。
障害とはどんなのものなのかは→コンタクトレンズによる目の障害
⇒All About
4/27 カラーコンタクトで失明?!ついに法的規制へ
11/19 カラコンが危ないといわれる理由
カラコンは完コスの条件ではないと思います。
医療的にまでキャラに近付くことが完コスとは思えません。
(カラコン着用のコスに反対する訳ではありませんf^^;→なんちゃって同盟

▼購入検討前に熟読推奨▼
コンタクト百科事典 / コンタクト生活案内所 / 日本眼科医会
コンタクトレンズのトラブル / 急増するコンタクトトラブル
ネットで購入しようと思ったのですが、BCなど意味がわからないので、適当な数値で注文しました。
ネットで購入する際には、予め診察を受け、調べてもらった各種データが必要です。すでに使い捨てレンズを使用中の方は容器に書いてあるかと思います。
BC:ベースカーブ(内面曲率半径)。眼球の丸み。数値が小さいほどカーブがきつく大きいものほど緩い。
DIA:レンズの直径。
CY/AX:乱視をあらわす値。CYが円柱、AXが軸。
PWR:度数。-が近視で、+が遠視。眼鏡の度数とは違います。
この数値が合っていないと、目を傷付けたり、使用中に落ちてしまったり、まったく着用できなかったりします。
汚れたのでちゃんと水で洗いました。/コンタクト専用の洗浄液があるって聞いたのですが…?
水道水での洗浄は、大変危険です。
まず、水道水中には雑菌や、アカントアメーバという動物性の原生生物がいることがあります。(土や川などに普通に生息している、ゾウリムシなどと同様の仲間です)
これがコンタクトと共に目に入り込むと角膜を溶かしながらどんどん進入します。→ 白く溶けた黒目 / 主な角膜感染症
初期での診断は難しいため、重篤な症状に陥ることも多く、治療は困難で、最悪、角膜移植を必要とします。
また、水道水には塩素が含まれているため、目を痛めることがあります。
コンタクト用の洗浄液は、ドラッグストアや薬局、コンタクト屋さんで、安価で販売しています。街頭で配っていることもf^^;
友達がしていたので、会場で借りました。/どうせ少ししか使わないのでフリマ掲示板で使用済みのものを売ってもらいました。
友達のものを借りた・貸した→
私はあまりにも怖くて考えたこともありませんでした。
会場で着けるということ→
会場のホコリ、汗をかき汚れた手、メイク後の着用、など問題がたくさんです。なるべく避けましょう。
フリマ掲示板での売買→
「1度使っただけなので美品です!」
「期限まであと1週間もあります!」
「2週間過ぎていますがまだまだ使えます!」
初めは目を疑ったのですが、この様な書込みをフリマ掲示板で見かけます。
医療用具の個人売買も問題ですが、衛生的にも安全上でも問題が大き過ぎます。
また、目の形も状況も個人個人まったく違います。BCの違いで着用中にコンタクトが落ちて来たり、眼球を傷つけることもあります。また、何より衛生的に多大な問題があります。前述のアカントアメーバを始めとする、アメーバや細菌、真菌(かび)などは目に見えません。感染してからでは遅いですね。
「酸素の透過」というのをよく見るのですが何のことですか?/そんなに大切なんですか?
通常、人間の身体は血液を通して全身に酸素や栄養を運んでいます。
しかし、レンズの役目の角膜に血管はないので、代わりに涙を通して栄養や、大気中の酸素を取り込んでいるのです。
ハードコンタクトの場合は、レンズが小さく、涙の上に浮いている状態なので比較的涙の循環=呼吸ができます。
ソフトコンタクトは、黒目を覆うほど大きく、涙の中にあるため、大事な涙の流れを遮り、呼吸を阻害してしまいます。
このため、になっているコンタクト自身が「酸素をどれだけ透過できるか」ということが重要と言われるのです。
特に、カラコンの着色面は酸素を通しません。これが、カラコンを長時間装用できない大きな理由です。
では、酸素が届かないとどうなるのでしょうか?
呼吸の出来ない角膜は、角膜潰瘍、細菌性角膜潰瘍、新生血管の発生などをもたらします。
呼吸が出来ずに死んでしまった角膜内皮細胞は二度と元には戻りません。
(※角膜内に入った水分を排出する役割を持っていて角膜を透明に保ちます)
→ 角膜血管進入 / コンタクトによる主な障害 / CLによる眼障害
使い捨てのコンタクトの期限が切れているのですが、捨てるのはもったいないし、まだまだ大丈夫そうなので使用しています。
使い捨てコンタクトは、酸素の透過がとても良いことから、現在主流になりつつあります。
酸素の透過が良い、ということは、その分水分を多く含有するために、レンズにたくさんの空間があるということです。
しかし、その空間は汚れが入り込みやすく、雑菌や真菌の温床になります。
また、元から長期を想定されていないため、薄く、熱に弱いのも特徴です。熱に弱いと煮沸殺菌もできません。
コンタクトって高ければ高い方が安全で良いものなんですよね?/安いものは悪いものだからダメだと聞きました。
コンタクトの原価はどんなに高いものでも数百円、使い捨て系なら数十円程度です。
では、なぜ、高いものや安いものがあるのでしょうか?
ひとつは、流通量の問題です。たくさん売れるものは一度にたくさん作り、仕入れられますし、回転が良いためその分コストも安くなります。
しかし、特殊なカラコンなど一般に使われないものはどうしても1枚当たりのコストやリスクが高くなってしまいます。
また、市場原理で人気なものは各社が安くしようと努力する上、回転が早いため、どんどん値段は下がっていき、逆に人気の無いものは高額なまま、コストだけが膨らんでいきます。
このように、高い方が安全、安物は悪い、ということは決してありませんし、こういった考え方は大変危険です。
前述したように赤コンなどに代表される特殊なコンタクトは一般の流通量がほとんどないため比較的高額の域ですが、逆に危険性は一般のカラコンよりずっと上です。
リスクを値段から判断しないようご注意下さい。
カラーコンタクトはどうやって色を着けているんですか?/発色はどう違うのですか?
カラーコンタクトはどうやって色を着けているのでしょうか?
通常のコンタクト屋さんで売られているものは、漫画のトーンと同じような、ドットで色を乗せています。
それに対し、SFX系のはっきりした色のものは、全面にべた塗りです。どちらが発色が良いかは明らかですが、着色面は酸素を透過しないため、眼病になりやすく、長時間の着用は出来ません。(コンタクトが取れなくなった方もいるようです)
また、どこに染料が乗っているかによって、目への負担も変わります。
=コンタクト =染料
((=内側に描いているタイプ。眼と接するため負担は大きい。
((=染料を挟んでいるタイプ。
コンタクト購入時に注意したいこと。(特に、個人輸入扱いのお店について)
SFX系のコンタクトや格安コンタクトの多くは、海外から個人輸入という形で販売されています。
値段が変わっている!
輸入物ゆえに、円相場によっては値段が上下することがあります。
着用例の画像ではきれいに発色しているのに、着けてみると発色しない。
特に一般のお店で手に入るようなものは、網点で薄く色を乗せているだけですので、元の眼の色が大きく影響します。
外人さんの色素の薄い瞳では綺麗に発色しても、日本人のように深い色の瞳ではほとんど色が出ないこともあります。また、同じ日本人でも個人差により発色は異なりますし、光の当たり具合によっても大きく違います。
SFX系は網点ではなくベタなのではっきりと発色しますが、その分眼への負担が大きく、長時間装着することはできません。(人によっては1時間着けているのが限界な場合も)
また、SFX系はBCやDIAが選べないものが多いので、購入したもののまったく着けれない場合もあります。
※比較やコメントはあくまで個人的な感想です。全ての方が感じるものではありません。※
※購入前に必ず各サイトをよく読まれた上、ご迷惑をお掛けしないようお願いします※
Topにモドル CosTips(←メニューがない方)